運送業

運送業許可|運行管理者とは?要件を確認

運送業許可申請をする際にはいくつか要件がありますが、必ず満たさないといけないものとして運行管理者の存在があります。
一般貨物運送事業をする場合であっても貨物軽自動車運送事業をする場合でも変わりはありません。

ではこの運行管理者とはどういった存在なのでしょうか?確認していきましょう。

 

運行管理者とは?

運行管理者とは、運送会社で運転者に対し指導監督をしたり、運転者の健康状態や安全運転の指示をする役割を担います。
いわば、運送会社のキャブテンのようなもので個々のドライバーが安全に運転ができるように目を光らす存在です。

そして運行管理者の主な仕事は次の通りです。

運行管理者の仕事

  • 常務割の作成(運転者が乗務する時間割を作成すること)
  • 運転者の休憩・睡眠施設の保守管理
  • 運転者の指導監督
  • 点呼による運転者の疲労・健康状態の把握
  • 安全運行の指示

尚、運行管理者は運送会社保有する車両数に応じて選任される人数が異なります。

  • 車両数が1~29台までは必ず1人以上
  • 車両数が30台以上の場合は2人以上
  • 営業所が2か所以上ある場合はその営業所ごと+車両数に応じた運行管理者数

※運行管理者は健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入している必要があります

運行管理者になる為の条件

運行管理者になるためには運行管理者試験に合格する必要がありますが、次の受験資格のいずれかを満たす必要があります。

重要!

  1. 事業用自動車(事業の種別は問いません。)の運行の管理に関し1年以上の実務経験を有する者。
  2. 基礎講習を修了している。

基礎講習に関しては各自治体によって受験が出来る場所が異なりますので以下のリンクをご覧ください。

事業用自動車の安全対策:自動車総合安全情報 (mlit.go.jp)

運行管理者の試験内容は?

運行管理者になる為には先に説明した受験資格を満たした上で試験に合格する必要があります。
また試験内容は貨物と旅客のどちらを受験するかによって内容が異なります。

貨物

  1. 貨物自動車運送事業法
  2. 道路運送車両法
  3. 道路交通法
  4. 労働基準法
  5. その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

旅客

  1. 道路運送法
  2. 道路運送車両法
  3. 道路交通法
  4. 労働基準法
  5. その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

まとめ|運送業の許可申請をする前に運行管理者になろう

最後までご覧頂いありがとうございます。
運行管理者になるためには基本的に受験資格を満たした上で試験に合格する必要があります。

また試験も年に2回と受験するチャンスも少ないため、運送業許可申請をする前に合格しておかないと開業が遅れる可能性があります。
弊所にご相談に来るお客様の中でも運行管理者を取得していない為一時的に申請を見送るお客様もいます。

貴重なチャンスを逃さぬようにして頂ければ幸いです。

運送業許可に関するご相談はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

adachi

【Good Life行政書士事務所】代表行政書士の足立です。 弊所は静岡県浜松市に拠点を置く遺言書専門の事務所です。 所属:静岡県行政書士会西遠支部 会員番号:4108 生年月日:1990年2月1日 浜松市内にで遺言書でお困りの皆様はご遠慮なく相談下さい。

-運送業

Copyright© 浜松市の行政書士事務所をお探しならGoodLifeへ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.