終活

尊厳死宣言公正証書の作成サービスのご案内

尊厳死宣言公正証書とは

尊厳死とは入院患者が過度な延命治療を受けずにあえて自らの死を受け入れることを指します。

近年日本では高齢化に伴い長期の入院及び延命治療を受ける患者が増えております。
延命治療を受ける患者の中には医療技術の進歩に伴い、植物状態になっても長年生きているなどの事例があります。
ただ、延命を受けるだけの目的の治療が、家族の為そして何よりも本人の為になっているかは現代の問題点とも言えるでしょう。

そこで冒頭で紹介した尊厳死を選択することによって、健康なうちに自分の死に様を決め家族の負担を和らげることが出来ます。

もっとも尊厳死を有効に実現する為には公証役場で作成する公正証書にする必要があります。

これを尊厳死宣言公正証書と言います。

尊厳死と安楽死の違い

  • 安楽死→末期患者の苦痛を除去し,死期を早めることを目的
  • 尊厳死→尊厳死は,死期の引き延ばしをやめることを目的

 

尊厳死宣言公正証書の見本を紹介

以下は尊厳死宣言公正証書の見本(雛形)です。
このまま利用することも可能ですが、実務上は公証役場でのご相談の上本人の意思を尊重し加除考慮していきます。

尊厳死宣言 サンプル

 

尊厳死宣言公正証書の費用

尊厳死宣言公正証書の基本手数料は11,000円です。

 

尊厳死宣言公正証書の必要書類

公証役場での書類作成時には以下の1~4のうちいずれか一点が必要です。

いずれか一点

  1. 印鑑証明書及び実印
  2. 運転免許証及び認印
  3. パスポート及び認印
  4. 住民基本台帳カード及び認印

 

弊所のサービス料金

サポート料金…49800円(税別、手数料抜き)

弊所では、尊厳死宣言所の作成に伴う、ご相談、文案の作成、及び公証役場での諸手続きを代行するサービスを行っております。

『どういった内容にしていいか分からない』
『専門家に相談したい』
『遺言書と合わせて作成したい』

などのお客様から多数ご相談を頂いております。

具体的なサポート内容としては以下の通りです。

  • ご相談者からのヒアリング
  • 尊厳死(延命治療拒否)宣言公正証書の原案作成
  • ご相談者との内容調整、確認
  • 公証役場との内容確認、調整
  • 公証役場からの変更案に基づき、ご相談者と最終確認
  • 公証役場に出向く日時の調整
  • 公証役場において、尊厳死(延命治療拒否)宣言公正証書に署名、実印捺印

対応地域は浜松市を中心とした静岡県全域ですが、その他地域も対応しております。
是非お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

adachi

【Good Life行政書士事務所】代表行政書士の足立です。 当事務所は運送業、酒類販売業、風営法などの許認可の取得をサポートしています。許認可以外も相続・遺言、身元引受、終活相談などの業務も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。 所在地:静岡県浜松市中区富塚町851番地の2 TEL:053-401-2603

-終活

Copyright© 浜松市の行政書士事務所をお探しならGoodLifeへ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.