相続と遺言の基礎知識

行政書士が遺産相続に関してできることについて解説!

行政書士と言うのは、取り扱う業務内容が多岐に渡ります。なので、様々な分野が存在しており、その中に相続に関する業務もあります。
ここでは、相続問題において行政書士ができることについてお伝えします。是非、遺産相続手続きを行う際に参考にして下さいね。

行政書士とは?

行政書士と言うのは、国家資格を持つ専門家になります。主に、行政書士が行うことのできる業務に関しては、官公署への提出書類作成、権利義務の書類作成、事実証明の書類作成、書類作成についての相談が挙げられます。行政書士の業務内容は、作成可能な書類数も多いので、日常生活において身近な法律専門家として頼りにできる存在と言えます。
行政書士は、紛争案件を扱ったり、税務・登記申請業務を行ったりすることは、管轄外になるのでできません。
しかし、遺産分割協議書相続関係説明図などの書類作成においては専門分野の管轄になるので、相続手続きを中心に依頼者をしっかり支援してサポートします。

遺産相続に関する書類作成とは?

相続財産目録成

遺産相続の手続きでは、被相続人の遺産内容を調査することが決まっており、相続財産目録と言われる書面に起こすのが通常です。
この書類作成と言うのは、自分ではできないものなので、その道の専門家である行政書士へ依頼するのが賢明です。
相続財産目録は、規定書式は無く比較的自由度が高いですが、遺産相続人が自分でこれを作成しようとした場合、些細なミスしてしまうケースがあります。
相続財産目録と言うのは、遺産分割協議を行う際の基本書類となるので、書類に間違いがあった場合は遺産分割協議をやり直したり、想定外の債務を背負ったり、とても重大な影響を及ぼしてしまいます。

なので、書類は必ず間違いが無く作成しなければならず、遺産相続を行う際にはプロである行政書士を頼ることが安心・安全です。

相続関係説明図作成

遺産相続を行う際には、相続人の範囲を確定しなければなりません。なので、一体誰が相続人になるのか、これが一目で分かる相続関係説明図と言うものを作成する必要があります。
この作成に関しても、行政書士へ依頼して作成してもらうことが可能です。相続関係説明図作成は基本的に任意になるのですが、遺産相続手続きの際に相続関係説明図を提出することで、戸籍原本が返還されるなどのメリットがある書類になります。

相続関係説明図と言うのは、家系図のようなものではありません。戸籍謄本や住民票を基に、間違いない作成が必要になります。
親族関係を表す線の書き方についても、夫婦なので親子なのか関係性によっても変わってきます。

また、記入してはいけない親族、記入しなくてはいけない親族など、素人では中々整理することが難しいことも多々あります。
なので、相続関係説明図作成もは行政書士へ依頼した方が良いと言えます。

遺産分割協議書作成

遺産相続でとても肝要な書類に、遺産分割協議書が挙げられます。これは、遺産相続を行う際に、遺産分割協議で決定した遺産分配方法を記す為の大事な書面になるものです。遺産分割協議書があることによって、作成仕方次第で後のトラブル回避に繋がったり、万が一トラブルが起きた場合にも問題解決する際の役に立ったり、遺産相続後も影響を及ぼすとても大切な書類となっています。

必要書類のまとめ

このように、遺産相続を行うさいには重要な書類作成が必要になります。これら3点の書類作成を行政書士へ依頼することで、後のトラブルを心配せずに済ますことができます。色々と理解するのが難しかったりミスが許されなかったり、大事な書類作成になるのでプロに任せて抜かりなく準備を行ってもらうのが正確でお勧めです。

遺産相続の各種調査

相続人の範囲調査

一体、誰が相続人なのかに関して確定する為に行う調査は、専門家である行政書士へ依頼するのがお勧めです。この調査と言うのは、被相続人が生まれた時から亡くなるまで全ての戸籍を集めて調査します。なので、とても時間がかかる作業なので、相続人数が多い場合や、結婚と離婚を何度か繰り返している場合になると、調査の手間がさらにかかります。また、相続人が一人でも欠けている場合には遺産分割協議を行うことはできず、遺産分割後に相続人が現れた場合になると、とても厄介な事態なります。このようなことからも、相続人をしっかり漏れなく把握するには、行政書士に調査依頼するのがお勧めです。

相続財産調査

遺産相続では、相続財産調査に関しても行政書士へ依頼することができます。財産と言うのは、プラス・マイナスその両方を調べる必要があります。特に、マイナスの財産調査が不足していることが多く、遺産相続承認後に多額の借金が見つかるなど、大変な事態になることもあります。なので、こうした思わぬ不利益を自分が被ってしまわないようにする為にも、相続財産調査はプロの行政書士にしっかり調査をしてもらうのが安全・安全です。

相続を行政書士に依頼するメリットとは?

相続手続きと言うのは、行政書士に依頼してサポートをしてもらうことができます。行政書士は、紛争案件を扱うことはできなくても、円満に話し合いを進行できる状況であれば、行政書士に相続手続き依頼をするメリットは大きいです。遺産分割協議書、相続関係説明図作、相続人調査、相続財産調査など、相続に関する準備から手続きまで依頼することができます。

また、役所で行わなければならない戸籍謄本収集、金融機関での残高証明取得など、手続きには手間のかかる作業が多いので、その道の専門家である行政書士であればどんなことでも直ぐに的確に対応できます。
相続に関して行政書士に依頼する際、それ程財産がある訳ではないからと、躊躇して悩んでしまう方もいるかと思います。

しかし、行政書士と言うのは日常生活において、地域の方の身近な法律家です。
なので、相続について何か相談したいことがあれば、気軽に相談することができる存在です。

行政書士は、弁護士や他の専門家と比べても、報酬設定も比較的リーズナブルになっています。なので、特に遺族間で争いごとがない相続案件であれば、行政書士依頼はコスト面でもお得です。

無料相談はこちらです

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

adachi

【Good Life行政書士事務所】代表行政書士の足立です。 当事務所は運送業、酒類販売業、風営法などの許認可の取得をサポートしています。許認可以外も相続・遺言、身元引受、終活相談などの業務も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。 所在地:静岡県浜松市中区富塚町851番地の2 TEL:053-401-2603

-相続と遺言の基礎知識

Copyright© 浜松市の行政書士事務所をお探しならGoodLifeへ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.