補助金・給付金

行政書士が扱う助成金と社労士が扱う助成金についてご紹介! 

国が雇用するにあたり助成金を出のは、何らか事情で就労が困難な状況にある方に対して試行雇用・採用した場合です。
こうした人材力
社会貢献し、助成金も受け取ることができれば一石二鳥ですよね是非、有資格者の行政書士や社労士の力を借りて手続きしてみましょう

行政書士と社労士について

行政書士とは

行政書士と言うのは、行政書士法に基づいた国家資格です。
官公庁へ提出する書類、権利義務、事実証明書類作成、提出手続、官公署提出書類手続きなど、作成に伴う相談に応ずる専門職を担っています。

社労士とは

社労士と言うのは、労働・社会保険の問題の専門家です。
労働保険・社会保険諸法令に基づき、行政機関への提出書類、申請書などの作成を行っています。
個別労働関係紛争の解決手続代理、労務管理、社会保険、国民年金、厚生年金保険などの相談や指導を行う国家資格です。

行政書士と社労士の違い

社労士と言うのは、社会保険労務士が正式名称です。社労士は、労働関連や社会保障に関する書類作成を行い、また、そうしたフィールドで企業相談・指導業務に当たる場合もあります。
ただ、社労士と行政書士の違い
明確に理解いていない方は多いです。

社労士は助成金を取り扱うプロで厚生労働省の助成金は社労士管轄で、その他は行政書士の仕事と言われています。経営者として活躍されている方にとって、助成金身近なもの感じられない方も多いとおもいますが、社労士が扱う助成金種類いので、経営者であれば知っておいて損はありません。自分の会社で活用できそうな助成金がある場合、社労士に依頼したり、行政書士でも扱う事ができるものは行政書士に依頼したり、専門家を有効活用するのがお勧めです。

補助金と助成金申請での役割の違い

補助金助成金と言うのは、基本的に返済義務のないお金となっています。国や地方公共団体から給付されるのもで、この補助金や助成金申請では、社労士行政書士提出書類作成を行うことができます。しかし、一般的に助成金と言われているものと言うのは、厚生労働省管轄のものを指すケースが多く、社労士法に基づく書類作成は社労士の独占業務なので、行政書資格のみでは受任できません。

とは言っても、社労士の業務と言うのは、社労士法に基づいたものに限定されているので、労働社会保険関連を含でません。なので、厚生労働省所管の助成金の場合も、社労士法以外の法律に基づく場合は、行政書士でも申請することが可能となっています。さらに、助成金は閣議決定行われるので、根拠法令が規定されていないものもあります。そのような場合行政書士でも申請受任が可能す。逆に、奨励金補助金であっても、社労士法に基づく申請は、社労士のみ申請受任が可能となっています。

社労士の独占業務には、雇用促進キャリアアップ高齢者障害者など、関わる場合は基本的に厚生労働省管轄の助成金、社労士の独占業務の場合が多いことが挙げられます。

一方、行政書士業務には、販路開拓新製品開発運転資金特許・商標など、事業関わる場合は社労士以外の士業でも申請受任できます

助成金・補助金の種類について

補助金の種類

前述したとおり、補助金は政策ごとに目的や趣旨が違うので、種類も色々あります。なので、補助金受給では、自社事業と制度目的や趣旨が合致した補助金を見つけることが大切です。補助金は募集用件が毎年異なり募集期間も短いのですが、比較的毎年募集されているものについてご紹介します。

ものづくり補助金

ものづくりの新事業を創出する為の資金になります。革新的な設備投資、サービス開発、試作品の開発など、これらを行うことを目的とする中小企業を支援した補助金です。

創業促進補助金

新たに創業する個人、中小企業、小規模事業者へ、必要経費の一部を補助する資金になります。創業費用の一部が交付され、限度額は200万円までとなっています。

助成金の種類

厚生労働省が実施している助成金は、従業員の新規雇用や能力開発、障害者や高齢者の雇用の促進などを目的としています。

トライアル雇用奨励金

職業経験や技能面において、就職困難な求職者を一定期間試行雇用した場合、助成される制度です。支給額については、対象者1人月額40000円となっています。

キャリアアップ助成金

雇用機会不足の地域において、事業所の設置や創業時に地域に居住する求職者を対象に、正社員雇用した場合に助成される制度です。

特定求職者雇用開発助成金

正規雇用で安定的な就業環境を提供することが目的です。助成金は、6カ月ごとに2期に分割して支給されます。

他にも色々とありますが、政府では様々な対策が取られているので、専門的な士業へ依頼する事も多いですよね。そんな時、どこに依頼すればいいのか?」などの疑問を解決できるよう、行政書士社労士で行える業務の違いについて、ここでは参考になりそうな例を幾つか挙げています。助成金・補助金は種類や募集条件などは色々とあります。気になるものがあればお問い合わせ下さい。

まとめ

ここでは、行政書士と社労士が扱う助成金について、各業士の基礎知識と共にお伝えしてきましたが、いかがでしたか?元々、助成金や補助金と言うのは、申請要件を満たしており、申請できる状態に整えるのも難しいものです。なので、申請を行う際に色々と手間がかかって二の足を踏んでしまった方も多いのではないでしょうか。現在は、助成金補助金に関して、要件緩和されているケースも多数あり、申請しやすくなっている側面もあります。なので、今後助成金の申請をされる方は、是非この機会に、助成金の申請検討してみてはいかがですか?

補助金に関する無料相談はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

adachi

【Good Life行政書士事務所】代表行政書士の足立です。 弊所は静岡県浜松市に拠点を置く遺言書専門の事務所です。 所属:静岡県行政書士会西遠支部 会員番号:4108 生年月日:1990年2月1日 浜松市内にで遺言書でお困りの皆様はご遠慮なく相談下さい。

-補助金・給付金

Copyright© 浜松市の行政書士事務所をお探しならGoodLifeへ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.